売買物件一覧(一戸建て)

秦野市観光案内

秦野市(はだのし)は、神奈川県西部に位置する人口167,000人(2016年)の市である。

◆歴史
平安時代末期から鎌倉時代にかけて、平将門を討伐したことで有名な藤原秀郷の子孫・佐伯経範が1030年頃秦野に移り住んで波多野氏を名乗った。一族の勢力は秦野市内、足柄上郡松田町・山北町・南足柄市、小田原市の一部に及び、波多野城は一族の居館であった。その後、鎌倉幕府の御家人となり、後の戦国大名の波多野氏となった。

◆市名の由来
現在の市名は「はだの」であるが、古くは「和名抄」「波多野郷」とあり、万葉仮名は清濁を区分することから「はたの」であったと考えられる。小田急電鉄の駅名も現在は秦野駅(はだのえき)だが、かっては大秦野駅(おおはたのえき)だった。

◆交通
・小田急電鉄  小田急線:鶴巻温泉駅・東海大学前駅・秦野駅・渋沢駅の4駅がある。
・高速道路   東名高速道路(秦野中井IC)   新東名高速道路(未開通)

◆名所・旧跡
・桜土手古墳公園 ・源実朝御首塚 ・延命地蔵 ・大日堂 ・白笹稲荷神社 ・波多野城址 ・名水百選(弘法の清水・若竹の泉・今泉名水桜公園) ・震生湖 ・出雲大社相模分祠 ・弘法山公園 ・県立戸川公園


秦野市観光協会
http://www.kankou-hadano.org/hadano_point/point_tsurumakionsen.html


秦野市 鶴巻温泉駅前広場

新宿駅から55.9キロにある秦野市にある2面2線の駅である。 鶴巻温泉駅は1927年(昭和2年)4月1日に鶴巻駅として開業した。1日の平均乗降人数は約15000人である。

鶴巻温泉駅1

◆駅周辺状況
鶴巻温泉駅周辺は近年、マンションが多数建てられており駅から徒歩圏の物件が多い。 駅周辺には・・・
・元湯・陣屋があり、将棋などの対局に頻繁に使われている老舗温泉旅館である。
・弘法山へのハイキングコースもこの駅から始まっている。
・弘法の里湯はふたつの源泉が楽しめる天然温泉です。
・食料品の買い物に便利なフードワンが駅から徒歩3分にあります。

鶴巻温泉駅2

◆駅名の由来
当時の駅所在地は「中郡大根村大字落幡字鶴巻田」から鶴巻駅として開設されたが、間もなく駅の近くにある鶴巻温泉の組合からの要望で鶴巻温泉駅に改称された。しかし、太平洋戦争中に温泉の駅名は非常時にふさわしくないとして「鶴巻駅」に再改称された。後に戦後の混乱期が終って再び「鶴巻温泉駅」に戻った。

鶴巻温泉駅3

◆戦時中の隣の駅
1945年当時、玉川村七沢(現在の厚木市七沢)に大日本帝国海軍の軍需物資格納庫を建設することが決定し、当駅からの引込み線を埋設する工事が開設されたが、分岐ポイントも完成した頃に終戦を迎え使用されることは無かった。

鶴巻温泉駅近くの日帰り温泉 「弘法の里湯」

物件メインフォト鶴巻温泉駅から徒歩3分にふたつの源泉が楽しめる市営の日帰り温泉があります。
檜や天然石を使用した大浴場や露天風呂にサウナ、大休憩所やお食事処もあります。
■入館・入浴料
平日;2時間 800円  1日 1000円
(秦野市在住の方と在勤の方は 600円)
そば処 鶴寿庵    おみやげ処 やまなみ

鶴巻温泉駅から徒歩で行けるスーパー「エスポット」

スーパーフードワン◆駅から徒歩4分にある大型スーパーマーケット「フードワン」があり、食料品から日用品の買い物に便利です。

伊勢原観光案内

伊勢原の地に人が住み始めたのは、今からおよそ1万8千年前の先土器時代といわれ、当時のものと推定される土器や装飾品が市内各所から発見されています。

その後、大山は山岳信仰の地として栄え、時代は戦国の世へ。伊勢原から糟屋藤太有季をはじめ、岡崎義実や石田為久など鎌倉幕府の御家人として活躍した多くの武将を輩出しています。室町時代には、文武両道にたけ、江戸城築城でもよく知られる太田道灌がこの地を舞台に活躍。その後、当地の糟屋で謀殺されてしまいますが、今でも多くの人々が道灌の徳を忍び、市内にある墓やゆかりの地を訪れ、毎年秋には「伊勢原観光道灌まつり」が開催されています。

江戸時代には、庶民の間にも「大山参り」が定着し、大山は庶民の信仰対象として人気を集めました。その賑わいは、当時の浮世絵や落語「大山詣り」などからもうかがえます。

室内風景1

◆大山と言えば、豆腐料理」と言われるほど有名な名物となりましたが、それにはいくつかの理由が考えられます。
「参詣者に供給する大里の食糧を保存しておく設備などがないため、豆腐の製造と保存に適した霊峰大山の良質の水が使われたこと。」
「豆腐が修験者や僧職経験者が食べ慣れた精進料理だったことや江戸時代に入り参拝者が増えたこと。」
このように多くの要因が複合し、高品質の豆腐が大山に生み出され、さらに育っていったために「大山の名物=豆腐」という図式ができあがったのです。

室内風景2

◆大山寺は大山ケーブル駅から下社に向かう女坂の途中にある。755年(天平勝宝7)僧・良弁[ろうべん]が創建した寺で、当初は大山阿夫利神社の位置にあったが、明治の神仏分離で現在の位置に移された。関東三大不動の一つで本尊の不動明王は文永年間(1264~75)に僧・願行[がんぎょう]が建立したもので、国の重要文化財紅葉は大盃という品種を移植栽しており、本堂正面は紅葉の紅いトンネルとなる。

http://www.isehara-kanko.com/

室内風景3

◆神奈川を代表する民芸玩具。
大山は材料の木材が豊富であった為、木地師の仕事場として最適であり お椀お盆食器などの生活必需品を生産し生活をしていたが江戸時代中期(250年前)大山信仰が盛んになると大山独自の玩具を考案生産し、おみやげとして販売しその中から現在の大山コマが生まれ育ったと云われている。
「大山こま」は、家内安全、商売繁盛、五穀豊穣を祈る縁起物。大山信仰の賑わいとともに発展した伝統工芸品。
 大山ケーブルの駅までの大山の名産品の店が並ぶ参道は、「こま参道」と呼ばれている。

室内風景4

◆毎年、大山寺周辺の紅葉は圧巻で紅葉シーズンには各地から多くの方が見えられる。

室内風景5

◆夜はライトアップされた紅葉が幻想的な世界に導く景観は是非お薦めしたいが、山で食べる団子はまた格別の風味と味わいがある。

伊勢原市 地元の野菜と名産が揃う「わくわく広場」

物件メインフォト◆品物はすべて地元の農家さんが作った野菜やお惣菜、お弁当、パンなど加工品屋さんが作った手作りのおいしいものばかりです。
毎朝、生産者さんが直接納品するので鮮度抜群の商品!産地・出荷日・そして生産者さんの名前が出ているので安心ですね
また、伊勢原観光物産品も多数取り揃えているので、お土産選びにも便利ですよ!

http://wakuwaku-hiroba.com/top.php

子供と一緒に勉強できる「伊勢原市こども科学館」

物件メインフォト◆こども科学館は科学にまつわる不思議な展示物がたくさんあります。 地球の誕生から人間の体の仕組みまで、いろいろ学ぶことができます。
いろいろなイベントが用意されているので出掛ける前に公式サイトをチェックして行こう!夏休みの自由研究にいかがですか?
◆月替わりに上映されているプラネタリウムは大人も子供も神秘の世界に連れて行ってくれまよ!
◆お隣には図書館もあるので、本と触れ合うのも良いですね!

http://www.city.isehara.kanagawa.jp/kagakukan/index.html

▲ページのTOPへ

株式会社和田不動産